プライベート日記
紫雨 (名古屋の天才☆V9☆)
NEVER LAND
(名古屋 ホスト)

052-242-7676

一緒に働いてみる?

7/12 19:59

【日記】
食について、Part2
 
 
 
 
 
 
「食」について Part2
 
 
 
Part2ではないかもしれないですが
とりあえずPart2でいきます
 
 
さっき書ききれなかった事がまだありました。
 
 
 
 
 
 
ちなみに、
 
僕のお父さんは料理が好きな人でした
 
もうこの世にはいないけれど、
 
お父さんの作った料理が美味しかった記憶が
今でも沢山残っています。
 
 
 
 
お米はわざわざ、釜を使って炊いて、
料理もほぼ、手作り、
 
1から作っていました。
 
 
カレーのルーも1から。
(中々そんな人いない気がする。)
 
 
 
 
 
夢は料理人になる事だったそうです。
 
 
 
 
 
「衣食住」の
 
衣服の「衣」食べ物の「食」住処の「住」
 
 
この3つは絶対に崩れる事はないんだよと
よく言葉にしてましたね
 
ふと思えば確かにって思いました
 
 
 
 
 
人にとってこの3つは絶対に必要なものなのですから。ないと生きれないからね
 
 
 
 
例え、自動化が進んでる今、
 
 
その3つが自動になる事はないとは
言いきれないけれど、
自動ではできないものも沢山あります
 
 
誰でもできる仕事は
基本的にこれから自動化に変わっていくと
僕は考えています。
 
 
いや、逆かも?
 
誰でもできる仕事ほど、自動化にならないのかもしれません。
 
 
 
しかし、繊細で、自動ではなせないものは
まだ自動化になるには相当な年数が
かかるものではないかなと
 
 
わからないですけどね。笑
 
 
 
ロボットが三ツ星レストラン級の料理の腕前をたったの1日で出来るようになるかも
しれないですし、
 
 
人間よりも頭がいいのですから。
 
 
 
 
結局、知恵が勝るものが1番強い。
 
服や、食べ物や、住む所も
全て人間のアイデアによって生まれたもの
 
 
こうしたら着やすいんじゃないか
こうしたら美味しいんじゃないか
こうしたら住みやすいんじゃないかと
 
考えたのも人間ですからね
 
 
 
 
 
この3つは生きてく上で1番
こだわっていくべきなんだと思います。
 
 
 
服と食と住
 
 
をこだわらない人が何にこだわれると、
 
それがなければ生きていけないものですから
 
 
 
ホストをしてる以上
 
この3つは凄く大事だなぁって
 
僕はいつも思ってます
 
 
思ってますが、行動に出ているかは別として。
 
 
 
 
 
話は戻りますが、
 
いつか、凄く美味しいレストランを
やってみたいなって思います。
 
 
 
お父さんが料理人になれることはなかった
けれど。
 
せめて、そういったお店を
もってみたいなと時々思うんです。
 
 
僕が料理人になるのは無理だけど。
 
 
 
 
人の夢はまた違う人の夢になる
 
 
 
夢ってそうやって受け継がれて行く気がします
 
 
夢が叶えられなかった人の夢
それはまた違う人の夢となり
 
その夢はいつか叶います。
 
 
 
 
 
そして夢は絶対に持った方がいいです
 
夢が無い人は夢を見つけましょう
 
 
 
なんでもいいですが、
1つだけでも、夢があれば希望が生まれます
 
そして、その夢に向かって頑張る人は
 
何より、1番かっこいいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

←次の日記 前の日記→
●プライベート日記一覧へ
●ホストのページへ
●お店へ
●メニューへ